1月5日、フジテレビのインターネット報道番組「ホウドウキョク」で、渡川が紹介されました!

これは同番組のクラウドファンディングを取り上げるコーナーで、どがわマンマにスポットが当てられたもの。プロジェクトメンバーを代表して、地域プロデューサーの齋藤潤一さんがフジテレビのスタジオに登場し、渡川を紹介しました。

番組では人や自然、食べ物、「渡川みらい会議」の様子、マンマの取り組みなどが画像も交えながら紹介されました。マンマの「美郷田舎めしの素」が映し出された際は、スタジオのキャスターの皆さんも「おいしそう!」と声をあげるなど、反応は上々。放送中にクラウドファンディングの金額も伸びを見せるなど、達成への手応えまで感じられる貴重な放送となりました。

齋藤潤一さんは番組の終わりに「限界集落は日本の課題。クラウドファンディングは、そんな中で経済を動かそうとチャレンジしている渡川のことをもっと知ってほしいと思って始めました」と説明。視聴者に応援を呼びかけました。

この番組で取り上げたクラウドファンディングは全て目標金額を達成しているそうで、期待が高まります。