渡川地区の未来を考えながらさまざまな活動を行なっている「どがわ物語」メンバーは、わずか350人だけの小さな集落である渡川地区を舞台に、一つのプログラムを開催しました。

何もないといわれる渡川地区にも確かにある学びや可能性のタネを見つけ、ひとりひとりが自分の人生の選択に役立ててほしい。ここでは、そんな思いをこめて開催された全3回の「どがわ里山学校」のレポートをお届けします!

第1回「好きなことをを仕事にすることが大事!」ゲスト:横田いたるさん(小商い塾 塾長)

第2回「地方の「食」は可能性の宝庫!」ゲスト:寺本りえ子さん(フードディレクター)

第3回「鶏をしめて感じた「命をいただくということ」」ゲスト:寺本りえ子さん(フードディレクター)